Hiroshima Shudo Movie Circle

広島修道大学映画研究会の日常、絶賛公開中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月14日 フィフスエレメント 大全体部会



3月14日ホワイトデーの日の鑑賞部会では
前回の部会のプレゼンの結果
「フィフスエレメント」を見ることに!!



この映画、『フィフス・エレメント』(英題:The Fifth Element、
仏題:Le Cinquième élément)は1997 年のフランス映画。Gaumont製作の
SF映画アクショ ン映画。 主演はブルース・ウィリス。女優ミラ・ジョヴォ
ヴィッチの出世作でもある。1997年5月9日プレミ ア公開。監督は
フランス人のリュック・ベッソン。 近未来の地球と他の惑星を舞台にした
スペースオペ ラで、脚本は監督のリュック・ベッソンが16歳の時 に
考えた物語を基にしているという。衣装をジャン =ポール・ゴルチエが
担当した。


リュック・ベッソンは子供の頃から暖めていた
『フィフス・エレメント』を映画化すべく行動する が、
資金の関係で実現不可能と解り(実際に映画化 寸前まで
話は進行していた)解決案として低コスト で別の映画を
製作し、それを本作品の資金の足しに する計画を立てた。
その為に、リュック・ベッソン は2日で『レオン』の
脚本を完成させる。最初は資 金の足しにするつもりで
あったが『レオン』は大 ヒットし、最高のスタッフ・条件
で本作を制作する 事が可能になった。 ベッソン作品には
常連であったジャン・レノは出演 予定では無かったが、
ベッソンの計らいにより声の みで登場すると言う形に
なった。 (Wikipedia参照)


この映画を作るまでにこんな裏話があった
とはビックリしました!!
資金の足しにするために撮った映画
「レオン」。「レオン」は見たことはない
のですが以前聞いたことのある
有名な作品なんでどんな映画か見てみたいですね(^o^)


フィフスエレメントで中神が
注目したのは登場人物の衣装ですね
SFということもあり、衣装が独特
だなーって思いました!


鑑賞部会の後は大全体部会が
ありました(・∀・)



今回の大全体部会は4班に別れ
さらにその4班を2つに分け、
筆記テストと撮影をそれぞれやって
入れ替え、最終的にそれぞれ得点
をだして競うという部会をしました!!



筆記テストは映研らしく
映画の問題やSMF等の問題が
数多く出されました


問題数が多かったのでそれぞれ
班員で手分けして頑張りました!


また撮影は「別れ」をテーマにした
ショートムービーを各班で
脚本を考え、撮りました


ごめすが頑張ってましたー(^-^*)
面白かったよっ

そしてべすの後光もすごかったです 笑



今回の部会を気に鑑賞部員のみんなが
制作にも興味をもってくれたら
中神は嬉しいです(・ω・)!!


みんな制作をよろしくです(^o^)



おわり


スポンサーサイト

PageTop

3月13日 批評会!!


3月13日の制作部会は批評会をしました!


りょーま、たいぞう、うがの
作品を見ました(・∀・)



やーーっ、



みんなそれぞれ個性的な
作品ができててすごかったです。



中神は今回のSMFに一応作品は
出すつもりだったのですが
撮影がぜんぜんできてなくて
批評会に間に合いませんでした
スミマセン(T_T)



批評会の後は前回、前前回の部会
の続きでみんなでパソコンを使い編集をして
遂に2班とも作品を完成させました!!(・∀・)


今回編集は作品をつくるにあたって
とても大事だということを再確認しました!

2班ともアクションシーンを撮ってたのですが


それぞれ違う編集の効果を使ってて
できたやつを見るのは
とても面白かったです(^o^)

 
おわり


PageTop

2月29日 エイプリルの七面鳥


久しぶりの日記更新になり申し訳ないです(>_<)



2月29日の鑑賞部会では「エイプリルの七面鳥」
を見ました(・∀・)



「エイプリルの七面鳥」は

『ギルバート・グレイプ』の脚本家、ピーター・ヘッジズ 初の監督作。
一筋縄ではいかないリアルな家族像 を描き、観る者の共感を呼ぶ。
『ワンダー・ボーイズ 』のケイティ・ホームズと、『ドッグヴィル』の
パトリシア・ク ラークソンが、犬猿の母娘役で火花を散らす。
米国 を知る上での重要なキーワード“家族”と“感謝祭”。
この2つをベースに、笑いあり、差別ネタあり、そ して涙ありの
感動作に仕上げた監督の力量は 見事。 仲の悪い母親
(パトリシア・クラークソン)が、ガンで余命 わずかだと知った
エイプリル(ケイティ・ホームズ)は、感 謝祭に初めて家族をニューヨークの自分の
アパートに 招待する。彼女は七面鳥を料理し始めるが… …。
(Yahoo!映画情報より)


仲の悪い娘、エイプリルと母親と
その周りの人々の心境の変化が見所の映画です!!




この映画を見たら家族の大切さを
考えさせられ、親孝行しなくちゃなぁって
考えさせられました(*´▽`*)



ぜひ1人暮らしの方は
必見です!!








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。